このブログを検索

読込中...

2016年9月24日土曜日

本日夜7時からジャズ喫茶メグで電源ケーブル試聴会を行います!

本日、宮城県塩竈市みなと公園でガマロックフェスティバル2016が開催中です!こちらオヤイデと縁が深く、塩竃出身でいらっしゃる写真家の平間至氏が主催されている野外フェスです。このイベント、ステージ周りのケーブルに、オヤイデのNEOケーブルがたくさん使われております。うちのスタッフもワイヤリングにお伺いしております。今日の東京は雨ですが、塩竃は雨降ってないようですね。イベントの大成功を願ってます!





さて、今日の夜7時からは、吉祥寺のジャズ喫茶メグでメグジャズオーディオ愛好会の76回目、電源ケーブル比較試聴会が開催されます。これは私とオーディオ評論家の炭山アキラ氏とでパーソナリティを務める衛星ラジオ放送「ミュージックバード」のオーディオ実験工房で試聴・放送した国内外の電源ケーブルを、あらためて皆さんと一緒に聴き比べてみようというイベント。



総勢56本の電源ケーブルがあって、今年3月と5月の2回で完結の予定が全部聴き終われず、3回目の今日で完結。前回は40番まで聴いたので、今日は41番のL/i50から最後までを聴き比べます。また中村製作所の新型アイテムを搭載した電源ケーブルを同社社長の中村氏が持参、これも聴くことになっています。さて、そろそろ私もこれからメグに向かいます。ぜひお越しください!

インターナショナルオーディオショウからポタフェスまで、今秋今冬に東京で開催される5大オーディオイベントの日程まとめ!

オーディオの秋、ですな。自分でも毎年、何がいつ開催されるかこんがらがったまま、あ、あのイベント今日だったっけ?それとも来週だったっけ?ということがあります。なので、自分でパッと把握できるように、東京で開催される今秋から年末にかけての主要なイベントをまとめてみました。


会場:有楽町 東京国際フォーラム
2016年9月30日(金)10:00-19:00
2016年10月1日(土)10:00-19:00
2016年10月2日(日)10:00-17:00

2016年9月30日金曜日から10月2日日曜日の3日間、2016東京インターナショナルオーディオショウが開催されます。このイベントは日本インターナショナルオーディオ協議会(IASJ)が主催する、国内外の最新鋭・最先端のハイエンドオーディオ機器メーカーが出展するオーディオ機器展示会です。出展企業数は32社、190以上のブランドが展示されます。今年で34回目だそうです。場所はJR有楽町駅すぐの東京国際フォーラム





第一会場:秋葉原損保会館
第二会場:ホテルマイステイズ御茶ノ水
2016年10月9日(日)10:00-19:00
2016年10月9日(祝)10:00-17:30

その一週間後の2016年10月9日日曜日から10日月曜祝日の2日間は、第22回真空管オーディオフェアが開催されます。その名の通り、真空管アンプをメインとしたオーディオ機器展示会で、国内をメインに、一部海外ブランドの真空管デバイスを用いたオーディオ機器メーカーが出展します。1階で開催されるオーディオショップの即売会も人気で、一点もののビンテージパーツやレアな真空管、トランス、ビンテージワイヤーなどがずらりと並びます。オーディオ展示会では珍しく、入場料がかかりまして、入場料は500円です。それでも安定した来場者が確保できるのは、この即売会での出物を目当てに来ているのではないかという気がします。それと、この真空管オーディオフェアは、「おじいちゃんのヘッドホン祭」的な立ち位置を感じます。オーディオ好きの年配の方々が集い、語らう、田舎ではまだある習慣の「寄合」と同じイメージかもしれません。出展企業は47社。今年から秋葉原損保会館だけでなく、斜め向かいにあるホテルマイステイズ御茶ノ水にも第二会場を設け、2会場での規模拡大開催となります。楽しみですね~。





 会場:中野サンプラザ
2016年10月22日(土)11:00-19:00
2016年10月23日(日)10:30-18:00


真空管オーディオフェアから2週間後の2016年10月22日土曜日から10月23日の日曜日にかけては、秋のヘッドホン祭2016が開催されます。こちらのイベントは前述の真空管オーディオフェアとは全く違う年齢層、主に20-30代がメインの来場者層になります。文字通り、ヘッドホンをメインとしたポータブルオーディオの展示会です。前述の真空管オーディオフェアなど年配層向けイベントと大きく異なるのは、女性の来場者が見られること。私の感覚では全来場者のうち2パーセントくらいは女性だと思います。出展企業100以上、出展ブランド200以上。主催は中野に居を構えるフジヤグループのオーディオ部門フジヤエービック。オヤイデ電気もFiiOやRe:cordブランドを引っ提げて毎度のように出展します。



 今回も昨年に続き、映画や音楽、コスプレの祭典、中野文化祭というイベントが、中野駅周辺で同時開催されますので、中野はこの二日間いつにも増して賑わうことでしょう。





会場:富士ソフト アキバプラザ
2016年10月29日(土)11:00-18:30
2016年10月30日(日)10:00-16:30

 ヘッドホン祭から1週間後の2016年10月29日と10月30日の2日間、秋葉原の富士ソフトビルで音展のプレイベント、音のサロン&カンファレンスが開催されます。これは毎年秋に開催されていた音展(オーディオ&ホームシアター展、旧名はA&Vフェスタ)が来年2017年6月開催にずれ込んだことによる、音展の補完・予告的なオーディオイベントで、音展と同じ日本オーディオ協会(JAS)が主催。こちらにはテーブル1つの静音ブースですけど、オヤイデ電気も出展予定です。ちなみに「音のサロン」とは、日本オーディオ協会の会員企業のうち、オーディオ専業(総合家電メーカーでない)で商いをしている企業で構成される、日本オーディオ協会内に設けられた分科会で、定期的にオーディオセミナーや試聴会などの啓蒙活動を行っています。





 第一会場:ベルサール秋葉原
第二会場:秋葉原UDX
2016年12月17日(土)
2016年12月18日(日)

 11月は飛ばして、12月17日土曜日と18日日曜日の2日間、2016冬のポタフェスが開催されます。今回は従来のベルサール秋葉原に加え、秋葉原UDXの2会場で規模拡大開催されます。ポタフェスもヘッドホン祭同様、若年層の来場者がメインのヘッドホン関連展示会で、主催はヘッドホン専門店として急成長を続けるイーイヤホン。オヤイデ電気も出展予定です。


ということで、東京では年末にかけて5つの大きなオーディオイベントが開催されます。
皆さんも興味のあるイベントにぜひ足を運んでみてくださいね。

2016年9月19日月曜日

音展のプレイベント 音のサロン&カンファレンス2016が富士ソフトで10/29-30開催!オヤイデ電気も出展予定。

きたる10/29(土)と30(日)の2日間、秋葉原は富士ソフトビルで音のサロン&カンファレンスが開催されます!
音のサロン&カンファレンスは、日本オーディオ協会が主催するオーディオイベントで、リンク先にあるように、オーディオメーカー各社が出展、製品展示、オーディオの試聴イベント、講演会などが複合して行われます。もともとはこの時期、音展が開催される頃なのですが、音展は次回から有楽町の国際フォーラムに居を移して来年2017年の5月13-14日に開催予定。この秋に開催される音のサロン&カンファレンスは、音展のプレイベント的な立ち位置かな。出展企業は音展の常連企業がメイン。

サロン&カンファレンスにはオヤイデ電気も出展します。音出し無しで長テーブル1つなので、展示できるものは限られますが、何を展示するかは乞うご期待ということで。

2016年9月14日水曜日

9/24土曜日19時メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 オーディオ実験工房 切売り電源ケーブル一斉比較試聴の巻 第3弾やります!




 きたる2016年9月24日土曜日、東京は吉祥寺のジャズ喫茶メグで電源ケーブル試聴会が開催されます。これは第一回目か二回目の写真。3月に第1回目をやって、5月に第2回目をやったのですが、製作した60本あまりの電源ケーブルを全て聞き終えることができず、9月に第3回目を持ち越しということになりました。いやー、一つのネタで引っ張ります!

 
会場に持ち込んだ電源ケーブル、まぁこれだけありますからね、時間もかかるわけです。3時間の時間内でもサクサクっと聴いていかないと終わらないわけです。けど、そんなにこちらの希望通りに行かないのがメグジャズオーディオ愛好会。さっき聴いたケーブルをもう一度聴かせてほしいとか、あれとこれをこの曲でもう一度聴き比べたいとか、一歩進んで二歩下がる感じで、まったりと会は進みまして、2回では終わらないということに。ま、参加者の方々が楽しんでおられたから、こちらもうれしいです。



 前回は40番まで聴いたので、今回は41番のオヤイデL/i50からですな。残り16本。ちなみに前々回は1-27番まで、前回は28-40番を聴きました。

 ということで、9/24メグにぜひお越しください!お待ちしています。以下、メグのスケジュールからのイベントの案内の抜粋です。


9/24土曜日 19:00〜22:00
メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 Vol.76
『オーディオ実験工房1周年記念
切売り電源ケーブル一斉比較試聴の巻 第3弾』

みじんこ荒川ことオヤイデ電気の荒川さんおよびゲストとしてオーディオ評論家 炭山アキラさんをお迎えし、2015年4月より衛星ラジオ放送「ミュージッ クバード」で放送されたオーディオ専門の人気番組「オーディオ実験工房」。同番組のパーソナリティーを務める「みじんこ荒川」が自作した電源ケーブル50 種類強、日本市場に出回っているオーディオ用切売り電源ケーブルをほぼ網羅!さらには産業用電源ケーブルの切売り品や、こたつ用ケーブル、ビンテージワイ ヤーなどなど、みじんこ荒川の趣味趣向でかき集めて、仕立て上げた電源ケーブルなんと56本! 本数が多いので前編(3/26)と後編(5/28)に分けて実施しましたが、試聴しきれずでしたので第3回目になります。オーディオ実験工房の“情熱” と、電源ケーブルの“今”を貴方の耳でぜひご体験下さい。

登場ケーブルブランド:オーディオテクニカ、フルテック、S/A LAB、AET、オヤイデ、ゾノトーン、アクロリンク、サエク、アコリバ、ナノテック、クリプトン、リアルケーブル、フジクラ、ウエスタンエレクトリッ ク、ベルデン、昭和電線、HS&T、富士電線、塩田電線、協和電線、三ツ星電線、極東電線、品川電線、こたつケーブル、照明用ケーブルなど(前編 /後編でどれが登場するかは当日までのお楽しみ。あまりに数が多いので、進行具合によっては登場するブランドが変更や省略の可能性あり。)

第1部は19時00分〜20時30分、第2部は20時45分〜22時00分を予定しています。いつもどおり、試聴用のCD音源をお持ち込みください。
出演:「オーディオ実験工房」パーソナリティ オーディオ評論家 炭山アキラ、みじんこ荒川(オヤイデ電気)
ミュージックバード124ch THE AUDIO「オーディオ実験工房」絶賛放送中!

2016年9月2日金曜日

MMCX型イヤホンケーブルHPC-MXs好評発売中!HD25用ヘッドホンケーブルHPC-HD25V2もついに9/9発売!

HD25ファンの皆さまお待たせしました!9/9にオヤイデ電気のヘッドホンケーブルHPC-HD25V2が発売になります!


 HPC-HD25V2はゼンハイザーのHD25などに使用可能なヘッドホンケーブルで、以前オヤイデが発売していたHPC-HD25の後継ケーブルとなります。「V2」と付くからには、ケーブル導体はオヤイデの誇る精密導体102 SSC!前モデルをさらにワイドレンジに、音抜けが良好に、クリアーな感じを受けると思いますよ。
ケーブルカラーは赤、黒、銀の3色で、初代モデルの5色にあった青と黄色は、新モデルのHPC-HD25V2ではラインナップせず。需要の多かった3色のみV2化されました。黄色や青もけっこうファンがいたんですけどね。前モデルが生産完了になってから早2年ほどが経ちました。早く102SSCで後継機を出してほしいというお話が当社にたくさん寄せられていたのですが、それがようやく叶いました!

 初代モデルと今回のV2モデル、導体がPCOCC-Aから102SSCに変わった以外、外観は全く同じ。これではお客さんはもとより、スタッフも見分けがつかないということで、旧モデルと新モデルの見分けを付けるべく、新モデルでは熱収縮チューブに「102 SSC」という白いロゴを刻印しています。

 MMCXイヤホンリケーブルで好評を博していたHPC-MXも、先々月HPC-MXsに切り替わりました!HPC-MXとHPC-MXsでは、MMCXプラグに違いがあります。

こちらがHPC-MXのMMCXプラグ。俗に十字スリットと呼ばれる縦割りスリットが4カ所入っています。これでイヤホンとの嵌合性を高めていました。この十字スリットMMCXを搭載したHPC-MXは、従来のMMCXには無い新機軸のMMCXケーブルとして高い人気を誇りました。


オヤイデ電気ではさらなるMMCXの改良を重ね、耐久性の向上を図るべく新型MMCXプラグを開発。新モデルのHPC-MXsに搭載しました。こちらがその新型MMCXプラグを搭載したHPC-MXsのMMCXプラグ部分です。パッと見は普通のMMCXですが、ミクロン単位で寸法の見直しを行って、イヤホンへの嵌合性をさらに高めました。十字スリットMMCXはしんなり嵌まる印象で、新モデルのMMCXはパチンッと嵌まります。しんなりがいいか、パチンがいいかは甲乙つけがたいのですが、MMCXリケーブルの先駆者であるオヤイデ電気では、HPC-MXsの新型MMCXが、現時点では最良のプラグとして、型番も変えたうえで製品化に踏み切ったわけです。MMCXイヤホンユーザーで、まだ付属ケーブルを使っている方、イヤホンを買い替えるより低予算で、いまお使いのMMCXイヤホンの音をより良くしたい方、HPC-MXsをぜひお試しあれ!

2016年8月30日火曜日

オヤイデ電気秋葉原店 店頭アウトレットセール!

 オヤイデ電気秋葉原店。今日は台風10号が迫ってくるというので、平日ということもあり、いつもより街は静かです。けど、思ったほど風雨はきつくなかったです。

 オヤイデは8月決算で、ただ今秋葉原店では決算セールを開催中です!

いつもよりアウトレット品が安くなっていたり、限定アウトレット品が並んでいたりします。

オヤイデブランドのRCAケーブルが、いくつか箱痛み品なのかな、デモ使用品なのかな、そういった類のアウトレット品がいくつかありますね。

廃番商品のヘッドホンケーブルのデッドストックもHD650などたくさん放出しています!

スピーカーケーブルも、雑誌での試聴用に使ったTUNAMI NIGO V2にバナナプラグを装着したもの、ACROSS3000BやYのイベント使用デモ品など、使用極少の良品のお買い得品が!

 これはTGメタルの鉛粒FZ-02の処分特価販売品。残り1箱(5㎏分)となりました!通常5千円近くで売られているこの鉛粒、2,000円なら買いでしょ!けど、5キロの鉛を引っ提げて帰るというのは、なかなかにつらいのう。送料がかかっても良ければ、お店で配送の依頼をしてください。クロネコヤマトの宅急便で送れるはずです。

 これはアウトレット品ではないけど、最近安くて音が良くて売れてます神保電器のコンセントたち。右から1136、JEC-BN-55G PW 、JEC-BN-5 PW、1132。 1136と1132は真鍮電極で、ややきつめの挿入感です。JEC-BN-55G PW とJEC-BN-5 PWはなんと無酸素銅電極らしく、しっとりと挿入できます。今のところオヤイデ電気秋葉原店のみでオヤイデオンラインショップにはまだ載っていません。ほしい人はい店まで、もしくは電話かメールで通販希望してください。

デジファイ23号にヘッドホンイヤホンのバランス化改造の記事、みじんこ荒川が自作指南しています!

 8/29発刊のデジファイ23号22号がバランス式ヘッドホンアンプ基盤付録だった流れで、23号もこのバランスアンプキットにまつわる特集がいくつかなされています。


 ちなみにこれが22号の基盤と、オプションの拡張基盤DF22-EXPを合体した上で、奥澤の23号基盤専用ケースに入れたバランス式ヘッドホンアンプ。入力はRCA1系統、3.5ステレオミニ1系統。

このヘッドホンアンプ、うちのスタッフもめちゃくちゃ音が良いとお気に入りの声続出! 
XLR3極2個出し、XLR4極、3.5ミリ2個出し、2.5ミリ4極、IRIS(アイリス)方式と言ったバランス出力、それに通常の3.5ミリ3極のイヤホン出力もあります。

その中で、「イヤホン、ヘッドホンのバランス化は試す価値あり!」という記事が掲載されています。こちらの取材協力をオヤイデ電気秋葉原店が協力させていただきまして、自作例を私の方でやっております。自分のいま使ってないヘッドホンやイヤホンで、バランス化してみようかなと思っている人、ぜひこの特集を読んで自分のヘッドホンがバランス化できるのか否か、やるなら何が必要で、どんな工作をすればいいのかなど、このページを読めば、きっとご参考になるでしょう。バランス化改造の実例としては、ステレオサウンド編集部さんの私物だと思われるシュアのSRH550DJを用いて、私の方でXLR3極の2個方式のバランス出力化の改造を行いました。